2012.04.23 Monday 15:05

メンバーのモチベーションを上げる簡単な練習方法

こんにちは。
プロジェクトディレクターの苅谷浩司です。

チーム力をあげるための方法

それは、ひとりひとりのメンバーのモチベーションを
あげていくコトです。


そのために有効なひとつの方法が「メンバーを認める」こと。


人は自分が行っていることで認められることってすごく
嬉しいのです。

子どもの頃にそんな記憶ありませんか?

お父さんやお母さんのお手伝いをして

「助かったよ!」

と言ってもらって嬉しかったコト。


大人になってからも、いい上司に恵まれた人は同じ
経験があると思います。

「山田君の今回の対応はスゴクよかったぞ!
中島デザイン事務所の中島所長も喜んでたし
僕も山田君の成長が感じられて嬉しかったよ。」


こんなことを言われたら嬉しいものです。


だから、プロジェクトチームのリーダーは、

メンバーのコトをよく見ていてあげる。
そして、お客さんやチームにとってあるいはリーダーの
自分から見て、良い行動をした時はそれを伝えてあげる。




ただ、ここにひとつの壁があるのですね。
この「認めた」ことは、相手に「伝え」ないと当然
ながら「伝わらない」のです。

でも、この「認める」コトを普段やっていない人は
これを伝えるのをためらってしまう。


実は、この「認める」コトとか、同様に効果がある
何かをしてもらった時に「ありがとう」ということ
は身近な人になればなるほど、言いづらくなるのですね。


一番身近なのは、家族です。
親であったり兄弟、結婚している人はご主人だったり
奥さん。

そして、次が職場の人たち。
部下や上司など。


一番言いやすいのは、自分から距離が遠い、お客さんや
自分が行ったお店のスタッフなど。




だから、この「認める」コトを、いきなりメンバーに
対して行うのは難しいなあと思う人は、普段よく行く
お店などで「練習」してみてください。

よく行くお店は、どこかあなたにとって心地よい
ところがあるから行っているはずです。

そして、お店のスタッフや店長さんについて「おっ!
この対応いいな」と気づいたコトがあったらそれを
伝えてあげるのです。

簡単なコトでいいのですよ。

「いつも笑顔がいいねえ!」
「声が元気があるから、こっちも元気出てくるよ」
「いつもお店がきれいに掃除してあって気持ちいいね」


など。


もちろん、今までそんなコトを言い慣れていないと
恥ずかしいですよね。
でも、そこは、あなたのチーム力をググッ!とあげる
ためと思ってチャレンジしてみてください。


そして、実際にやってみると。。
相手の表情が変わることに気づくはずです。

時には、今までは、不特定多数のお客さんのひとり
だったあなたのコトを、覚えてくれることもあります。


実は人は、他人から「認められる」ことって意外と
ないのですね。

「こうしなさい」「それじゃダメ」「こうするといいよ」
と欠点を指摘されることはたくさんあっても「それいいね!」
と認めてもらうことが少ない。


そうでなくても、人から認められることは嬉しいのですが
普段ないから余計に嬉しいのですね。


そんな練習を何回かして、「認める」ことの効果を
感じることが出来たら、間違いなく、職場でもできる
ようになります。

これだけでも、あなたのプロジェクトチームのメンバーの
モチベーションが上がり、チーム力もググッ!とあがり
始めます。


もちろん、次のチャレンジは家庭です(笑)
でも、家庭でもこれが出来るようになると、奥さんや
ご主人、お父さんやお母さんとの関係も変わってきますよ!



JUGEMテーマ:ビジネス

<< | 3/3PAGES |