2012.05.23 Wednesday 15:04

専門力を「発露」しカタチにしていく

こんにちは!
プロジェクトディレクターの苅谷浩司です。

僕の持論のひとつに「餅は餅屋」というものがあります。

高度成長期の時代は画一化の時代。
   ↓ ↓ ↓ ↓
高度成長期が終わり、その後は個性と専門性が求め
られる時代になりました。

   ↓ ↓ ↓ ↓
そして、これからはその個性や専門性で「連携」をして
カタチにしていく時代です。


この話をするとよく「自分には個性がない」「専門性がない」
という話をする人がいます。

でも、実は、その個性や専門性は誰でも既に持っているの
ですね。


少なくとも20年とか30年、さらには40年とか生きて来たので
あれば、嫌でもその間に、磨かれてしまってきたものがある。
ただ、意識をしていないから気づいていないだけというコトが
多いのですよね。

なお、僕がいう「個性」や「専門性」は決してとびぬけた
すごいものじゃない。

みんな、ここを突出した「個性」や「専門性」をイメージする
から自信を喪失してしまう。



僕がいう「個性」や「専門性」は

■場を和ませるのがうまい
■笑顔がすごくよく周りがパッと明るくなる
■地道な作業が正確で早い
■人の話を聴くのがうまい
■ふとした発言に「はっ!」とさせられる視点が多い


こんなレベルのものです。


でも、これらをまずは「個性」や「専門性」「自分の強み」
と認識すること。

そして、そこからさらにビジネスで使えるように磨き
あげて行けばいいのです。


これだけでも個人の「ビジネス力」は、一段あがり、結果
としてチームとしての力もあがっていく。

そのための

「既に持っている強み」「既に持っている専門力」

を見つけるためのフォローと、そして、その上で、

価値観や目指す方向性が同じメンバーと、それぞれの
専門性をいかんなく発揮しながら連携をして、社会へ貢献
し、経済的に自分たちもそして社会や日本全体も活性化
していくきっかけを作り


を続けて行きたいと思います。


JUGEMテーマ:ビジネス


    2012.05.08 Tuesday 12:46

おっと!!予想外・・すごく嬉しい!

こんにちは!
プロジェクトディレクターの苅谷浩司です。

「ビジネスとビジネス」「ビジネスと人」をつないでいきたい。

そんな想いで会社名を「ビーコネクト」にしました。

そして、設立してから8年間の中で、つなげたり、つながる上で

「共通する価値観や想いを持ち同じ先を目指す人たち」

が集うことでつながる可能性がすごく高まるコトを感じ、
また、つながる時に

「餅は餅屋でそれぞれの強みで連携する」

と結果に結びつきやすいというコトが明確になってきた。


そんな中、最近行っているフェイスブックの講座

今、8割ほどは他の方に主催を頂いて、僕は講師として行う
ケースが多い。

ただ、今年は、要望もあり、主催や共催するコトが何回か
出てきました。

僕が主催や共催する場合、実は参加者同士で知り合いという
ケースはそんなに多くないのですね。

でも、僕とはどこかであったコトがあったり、ぼくの
ブログやフェイスブックを見て、僕と感覚が合う人たち
が参加してくれてます。


すると予想していなかったあるコトが起こり始めた。

それは講座後に参加者同士が仲良くなったり、時には
ビジネスでつながったりするケースが出てくるように
なってきたのです♪


これってすごく嬉しい!!



プロジェクトチームのリーダーの最も大切な役割。
それは、僕は「場づくり」だと思っています。

そして、その「場づくり」は

●そこにいる人たちがのびのびと発想し動くことが
 出来る場

●そこに集った人たちの異なる価値観や発想に刺激を受け
 結果としてお互いに尊重しあう場


を意識しています。


わずか2時間や3時間の講座では、そこまでは当然
意識していないのですが、でも、日々そうした
「場づくり」を意識している結果、講座の場でも
多少その「場づくり」が活きているのかもしれません。


講座の場も僕らしく、そして、参加者の未来につな
がっていくような「場」にしていきたいと思います!


JUGEMテーマ:ビジネス


    2012.04.21 Saturday 13:14

最高のパフォーマンス を発揮し成果につなげる

こんにちは!
プロジェクトディレクターの苅谷浩司です。

「プロジェクトディレクション」とはなにか?

今日は、ある例えを使って話します。


ひとつひとつが優れたエンジンや、翼や、ボディとなる
金属があるとします。

単独でも必要とされている。

だけど、必ずしもその優れたものが最高のパフォーマンス
を発揮するように組み合わせられるとは限らない。


むしろ、十分にその力を活かしきれない組み合わせに
なるコトが多い。

軽自動車のボディに、ベンツのエンジンを載せたり
セスナ機にジェットエンジンを載せたり。


プロジェクトディレクターは、それぞれが最高の
パフォーマンスを発揮できるように、ジェット機で
あったり、宇宙シャトルだったり、車に組み立てる。


そして、組み立てただけでもダメ。


それを動かすためのモチベーションという「燃料」を
入れ、さらに目指すべき目的地を定める。


燃料がなければ動かないし、燃料を入れても目的地を
定めないと、どこへ動かしていいかわからない。


最初の目指す方向が間違っていると、移動をするにつれて
どんどん目的地から遠ざかっていく。


ディレクションする人だけでは何もできない。
最高の「もの」だけあっても、それを組み立て、動かして
行かなければ意味をなさない。


それが僕の「プロジェクトディレクション」です。



JUGEMテーマ:ビジネス


<< | 2/3PAGES | >>