2013.05.26 Sunday 14:53

理想のリーダーと好ましくないリーダー

こんにちは!
プロジェクトディレクターのかりやコージです。

先日、見かけたこちらのブログ
タイトルがイイですね!


思わず興味魅かれる上司の方も多いと思います。


そして、かなり共感する記事が多いのだけど
この対比が面白いなと思ったのがこちら。


好ましくないリーダーとは?!


あなたの理想のリーダー像は?



この記事から一部抜粋してちょっと比較してみます。


リーダーとしてはやはりメンバーに

・わがまま
・自己中心
・自分のことしか考えていない
・周りに期待しない

と思われるよりは

・包容力
・人間の器の大きさ
・度胸
・ゆとり

があると思ってもらえると嬉しいですね。


また、

・人のせいにする
・押し付ける
・常に否定的
・ネガティブ


よりは

・一緒にいて楽しい
・認めてくれる
・褒める
・ビジョンがある

と思われた方が嬉しいですね。



こうやって比較すると皆どっちがイイかわかる。

でも、実際に現場でやってしまうことは反対のコトが多い。



これは、なぜかというと


人って基本的には自分を守ろう


とするからなのですね。


自分が大事。



だからひとりの人間としては普通のことなのです。


ただ、「リーダー」になると「ひとりの人間」にプラスして、その
「チームの親分」としての自分が求められるようになります。



では、どうしたら「チームの親分」としての自分をつくっていけるのか?



いくつかポイントはあるのだけど、今日はそのひとつを話しますね。



これができるようになると一生役にたちます。


それは


自分を客観的に見れるようになる


ということ。



経営者や部門長の方、チームリーダーの方で上手くいっている人と話を
しているときに、良く出て来るのがこれ。


普段行動しているときに、自分の上の方から
自分のコトを客観的に見ているもうひとりの
自分がいる



というコト。


人によっては、自分にとって大切な人(例えば結婚している人で子どもが
いる方は自分の子ども)がビデオカメラでその姿を見ているのを
想像するという人もいます。


先ほどの「好ましくないリーダー」の姿を第3者から見ると
「いやだなあ」って思うじゃないですか。


それを自分に対してやるようにするのですね。



毎日、今日の打合せの時の自分、メンバーと話をしていた時の
自分を思い出して、第3者の目として客観的に見るようにする。

そうすると、もっとこうした方がいいなという部分が見えてきます。

それを少しずつ変えていく。


時間はちょっとかかるんだけど、これをしていくと自然にふるまい
が「理想のリーダー」に近づいていくのでおススメです!



なお、7月にIT業界のリーダーを対象にしていますが

リーダーのための「伝える力」&「聞く力」 向上↑セミナー

を開催します。


「理想のリーダー」を目指すための大きな一歩になる内容になっています。


今回は会場の関係で6名限定で、参加者とのコミュニケーションも取りながら
進めて行きます。

ぜひ、4月の異動で部門リーダーになった方、チームのリーダーになった方、
会社を設立された方はご参加ください。



良く読まれている関連記事
理想のリーダーとは?



JUGEMテーマ:ビジネス

コメント
コメントする