2012.06.28 Thursday 13:55

大きなトラブルになる原因は〇〇すること

こんにちは!
プロジェクトディレクターの苅谷浩司です。


プロジェクトの運営中に

ん!?これちょっとまずいかも。

そう思った時に、あなたはどうしますか?


・もうすでに、まわりも動き出しているから。

・水を差しちゃ悪いからこのままにしよう

・もう少し進んで本格的にまずいようであれば対応しよう



もちろん、こうすることで何事もなく、済むこともある。
そうすると「ああ、何もしなくてよかった」と思う。


ただ、僕はこれには反対です。


僕は、プロジェクトチームのマネジメントに長年かかわる
中で、さまざまなトラブル対応をしてきました。


その時に、大きなトラブルになった原因のひとつに
こういった「放置」があるからです。



リーダーの役割として必要なコトは、リーダーの立場
でしか見えない、感じないがあると信じ

ん!?これちょっとまずいかも。

と思った時に、アクションを起こすコト。
そして、アクションを起こす勇気です。



なぜ、それが勇気なのか?

それは、


・もうすでに、まわりも動き出しているから。

・水を差しちゃ悪いからこのままにしよう

・もう少し進んで本格的にまずいようであれば対応しよう


という時に、程度の差はあれ、仕切り直しで何か手を
入れる時に


・何でまだ問題が起こっていないのに手を入れるのか

・いい感じで問題ないと思うけど

・本当にそれが正しいの?今のままがいいんじゃないの?



と言われるのが「怖い」のですよね。



「怖さ」を超えるのが「勇気」です。



確かに結果が出てみないとわからないのだけど、

トラブルという結果が見えてからリカバリーする
コトって本当に大変です。



時には時間もお金も、そしてメンバーの大切な時間も
モチベーションも、そして、最前線に立つリーダーの
体力も気力も奪っていきます。



そのために、メンバーを信頼し、仕事を任せながらも

ん!?これちょっとまずいかも。

と思った時に、ちゃんとアクションを起こすコト。
起こす勇気を持つコト。


これが大切です。


最後に。。


このコトを話した時に


「でも、仕切り直しをした時に、その自分の判断が
間違っていたらどうしたらいいのか?」


という質問をよく受けます。


その時は


「みんなごめん!この間の判断は間違っていた。
もう一度、軌道修正させてくれ」




謝り、もう一度仕切り直すだけ

です。


これも勇気です。


間違っていることを認め、謝る「勇気」



そんな。リーダーが間違ったり、謝ったりしたら
皆ついてこなくなるんじゃないか?


そう思った人。それは幻想だから大丈夫です。
そして、逆なのです。


リーダーだからこそ、間違いを認め謝るのです。


だって、自分がメンバーだったら、そういったリーダー
の方が、カッコいいし、さすが!って思いませんか?

そうじゃない、リーダーのもとにいて、イラッときたり
した経験ありませんか?



リーダーの視点で、メンバーがこう思うんじゃないか?
と不安に思ったら、自分がメンバーだったころの気持ち
に戻って考えてみると、答えが見つかることが多いのです。



JUGEMテーマ:ビジネス


コメント
コメントする