2012.06.21 Thursday 18:40

【餅は餅屋】今回のアレンジは・・

こんにちは!
プロジェクトディレクターの苅谷浩司です。

今回の「餅は餅屋」ランチ会は

■oiwai photoの戸田麻子さん

■同じくoiwai photoの加藤麻希さん

■青森でビジネスリーダーを育て、地域活性化に
 つなげているLoveAomoriProjectの後藤清安さん

といったメンバー構成。


後藤さん、戸田さんは、それぞれ、僕のビジネス仲間。
ただ、2人は会ったことがない。

たまたま、先日、それぞれと打ち合わせをしている時に、その
双方の話が出て「ぜひ、会ってみたい!」とのこと。


実は、先日の僕の講座に偶然、2人が参加して、初顔合わせは
終わっていたのですが、じっくり話したいというリクエストを
もらって今回のランチ会をセッティング。


また、戸田さんのビジネス仲間の加藤さんは、逆に僕が戸田さん
から話を聴いていて、一度会ってみたいと思っていたところ。


そこで、今回のセッティングとなりました。


そして、いつものごとく、やはり

●共通の「想い」や「価値観」

を持っている人たちというのは、普通に会話をしている中でも
共通点がたくさん見つかります。


共通の話題が見つかってくると、そこから何か一緒にやろう!
というコトになったり、仕事の依頼につながったりする。



今回も、どうやら、戸田さんと加藤さんが近々青森へ行く
コトになりそうな気配。


感覚や視点があっている人同士のビジネスはとにかく
進める過程でストレスも少ないし、スピードも加速します。


今後も、そんな「つながり」のきっかけをつくりだして
行ければと思います。



■「餅は餅屋」ランチ会とは?

それぞれの分野のプロがその強みを活かして連携する
ことで、1人1人の弱みをなきものにし、大きな力に変える

ただ、よくあるような単なるマッチングではダメ。

キーになるのは「共通の価値観」「目指すゴールへの共感」。
ここがあれば、そこから「新たな何か」が生まれる可能性
が高くなる。


これが僕の「プロジェクトディレクション」のスタイルです。
詳細のコンセプトについてはこちらをご覧ください

そして、この「餅は餅屋」ランチ会は、

「共通の価値観」「目指すゴールへ共感」したメンバー

が集まり、情報交換をすることで

「化学変化」が起こり、新たな「プロジェクトの種」

を生み出すコトを目的としています。


時間帯により、夜会になったりカフェ会になりますが

■2時間を全員で同じ話をして、場を共有する。
 だから人数は3名〜4名。

■参加メンバーは独立した各分野のプロ。

■集めるメンバーは、僕の中の「キーワード」に符合
 したメンバー。


というスタイルで進めています。


目指すゴールは、「楽しかったね」「仲良くしようね!」
で終わるのではなく、それぞれの強みを活かした形での
ビジネス連携であり、新たなプロジェクトを生み出すことです。
 



JUGEMテーマ:ビジネス



コメント
コメントする