2012.05.19 Saturday 20:45

自分の頭の中をオープンにしてみると・・

こんにちは!
プロジェクトディレクターの苅谷浩司です。

今日、ちょっとシークレットな講座へ行ってきました。

うーん。
ちょっとニュアンスが違うかもしれません。


乗馬クラブや調教師さんをメインターゲットとした馬の
フィールドワークの講座に参加してきたのですね。

いわゆるそうした職業や「馬」に関わっていない人は
来ていなかったというコトでシークレットな感じでした。



きっかけは、単純で知り合いからの紹介。
ただ、これも当然、僕は乗馬をしているわけでもないし
馬主でもないし調教師でもない。

普通だと誘われないのです。


僕が何を伝えたか?

僕はプロジェクトのディレクション(マネジメント)において
はいろいろな感性を磨いていくコトをとても大切にしています。


それは、プロジェクトチームの特徴は、共通のゴールに向かって
バラバラのメンバーが集結して、進めて行くものだからです。



なるほど!そうした考え方、そうした見方があるのか!



というコトを感じれるようにする。
その訓練のためには、フィールドワークを伴う講座、特に
自然や動物を対象にしたものは非常に興味深いのですね。


その事を話していて、このキーワードに反応して紹介して
くれました。


でも、そういうコトを考えると、やはり、自分の頭の中にある
情報を人と逢った時、ブログやフェイスブックなどで、出せる
範囲にはなるけどオープンにしていくコトってやはり大事だな
と思います。

それをしないと、他人は僕の頭の中をのぞいて理解して手を
差し伸べてくれたりしませんものね。
※あ、ちなみにできる人がいても怖いので・・お断りします(笑)


今後も、引き続き、頭の中にある情報をオープンにして
行きたいと思います!

そこからどんな縁やきっかけが生まれるかは誰にもわかり
ませんから。


なお、話す時は、上限4人くらいまでの人数の時に話すように
しています。

そうした方が、キチンと相手の意識に届くから、つながりが起こり
やすい。


結構その場で「こんな講座に今度行くけど行く?」というような
話になったり、家に帰ったら「そういえばこんな講座があるのを
思い出した」とメールが来たりします。


でも今日は本当に、有意義な1日を過ごすことが出来ました♪




JUGEMテーマ:ビジネス



コメント
コメントする