2012.05.17 Thursday 10:55

「人を活かす」チーム運営術

こんにちは!
プロジェクトディレクターの苅谷浩司です。

今日のような乱気流の時代にあたっては、変化が常態である。
変化はコントロールできない。できるのは、変化の先頭に立つことだけである。
変化をマネジメントする最善の方法が、自ら変化をつくりだすことである。

成果が出るのは、明日かも知れない。
しかし、何をするかを決めるのは今日である。


昨日のトップマネジメント株式会社の山下さんの講座で印象に
残ったドラッカーの言葉。


ドラッカーを学問や知識欲求の充足ではなく、ビジネスの
現場で活用している人、活用して行こうと学んでいる人たち
とは、肌があいます。


僕がドラッカーに惹かれるのは、僕のマネジメントスタイルの

「人の強みを引き出して連携し、相互支援することでチームを
強くする」


というものに近いからです。


そして、実際に僕自身、それで結果を出してきた。


だからこそ、ドラッカーの教えは、ビジネスの現場で活かせる
実践的なものだとわかる。


もちろんドラッカーの方が奥が深い(笑)


ただ、ドラッカーの本は読み砕くのが大変で、ビジネスの現場で
実践するといった目的からすると、ちょっと壁がある。


そこで、そこは「餅は餅屋」ということで、ドラッカーに
詳しく、それをビジネスの現場で活用する実践的手法を
わかりやすく伝授してくれる山下さんの講座を有効活用して
います。


なお、ドラッカーは「人を活かすマネジメント」なので
プロジェクトチームや組織のチームのリーダーには本当に
おススメです。



講座終了後は、ビジネスの現場で実践的にドラッカーの
教えを活かしているコアなメンバーで山下さんを囲んでの
懇親会でした。



JUGEMテーマ:ビジネス

コメント
コメントする