2012.05.14 Monday 13:45

「聞く」のではなく「教えてもらう」

こんにちは!
プロジェクトディレクターの かりやコージです。


こちらのテーマではなく、もうひとつのブログのフリー
ランスの方のコンサルティングに関することですが、
昨年フェイスブックについて相談を受けるコトが多く
なったので、講座にしてフォローするようにしています。

そして、僕自身が、一方通行の講座ってすきじゃないので
僕の講座では、とにかく質問し放題!

また、この辺りはチームマネジメントにも共通しますが、
質問がしやすいような雰囲気づくりにも気をつけています。



そして、講座を行っていていつも思うことがあります。

それは、参加者がどのような情報を必要としている
のかは、参加者が知っているというコト。



当然だよね!と思った人もいるかと思います。


僕も当然、この辺りがわかりづらいだろうという部分
を考えながら講座を組み立てます。
また、過去の講座で、質問があったことなども盛り込ん
でいます。


それでも、毎回、参加者の方の発言で気づくコトって多い。

先日も、今まで僕自身が意識をしておらず、過去の
参加者からも質問に出ていなかった、あることを
参加者の方が、ポロっと質問されたのですね。

その瞬間。。

会場全体から

「そう!!そこに困ってたの!!ぜひ知りたい!」

の大合唱。


あらためて、現場で困っているコトは現場の人たちが
良く知っているなと思いました。



これはプロジェクトチームでも同じなのですよね。
プロジェクトが進む中で、

・現場で何が起こっているのか?
・現場でメンバーが何に困ったりしているのか?
・現場でどんなリスクにメンバーが気づいているのか?


を一番よく知っているのはメンバー。


僕も、リーダーになって最初の3年くらいはメンバー
の話を聴かずに、指示ばかりをしてメンバーを自分の
思うように動かそうとするダメリーダーでした。


でも、メンバーにいろいろ話を聴くようになってからは
いろいろなコトが「すっ」とスムーズに進むようになった。




感覚的には「聞く」というよりも「教えてもらう」
という感じです。

何に困っているのか、何が必要なのか

その問題に直面している人たちから「聴く=教えてもらう」
ことをこれからも大切にして行こうと思います。



JUGEMテーマ:ビジネス



コメント
コメントする